忍者ブログ
~なんやかんやあれやこれや~
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて今季も続々と夏アニメが始まっております。
ぼちぼち見始めているので感想など書きたいと思いますよ!



◆【懺・】さよなら絶望先生


第3期をむかえたさよなら絶望先生。
もちろんスタッフやキャストも変わらず
今回も安心して見ることができます。

毎度毎度なかなかギリギリなラインをいきますね。
第1話の春になったら出てくる人を
春の知らせと表現してしまうのは絶望先生だからこそ。

第3期ともなるとやはり今までの
ファンの方のほうが多いんでしょうかね?
第3期ともなると新規のファンは獲得できるのかとも
思うのですが絶望先生は1話完結ですしいけそうな気もしますね。
ストーリーが全部繋がっている作品だと
なかなか途中から入るのはためらってしまいますが。

そしてOP曲が今回もいいですね!「林檎もぎれビーム!」ですよ。
「人として軸がぶれている」は普通に意味が通用しますし
「空想ルンバ」もわからないこともないですが
今回はとうとう技の名前ですからね。
しかしながらオーケンらしさあふれた曲で素晴らしいです。




◆うみねこのなく頃に

こちらも原作は言わずと知れたゲームが
とうとうアニメ化ということで。

ちなみに原作は1作目だけ持っています。
途中までしかやっていませんが。

ひぐらしのなく頃には原作をすべてやり終えてから
アニメを見てやるぜ!と決意していたので
結局原作を読み終えアニメもすべて見終わったのが
今年に入ってからだったんですがそんな最中ついにうみねこもアニメ化。

せっかくならやっぱり原作をやってから
見たいところですが今からアニメが終わるまでに
すべて読み終える自信も時間もないような気がするので
もう別にいいや!と思って視聴。

とはいえ1作目を途中までやっているから
多少は大丈夫であろうと思いきやまさかまさか。
見事に第1話でやったところまで追いつかれてしまいました。
早い!アニメの展開早い!2話から未知のエリアへと突入することになりそうです。

とりあえず登場人物が多いのでまずはそれを覚えることから
始めようと思います。うみねこの登場人物の名前は難しいですね!
漢字で見たら一発では読めないよ!

内容はミステリーな感じなので続きが気になるところです。
これだけ謎な感じを出されたらそりゃ見続けるしかないでしょう。
キャストもなかなかに豪華なのも見所です。
原作のファンの方はもちろん僕みたいに
ほとんど原作を読んでないに等しい方も見てみてはいかがでしょうか。



◆かなめも

原作はまんがタイムきららMAXの4コマです。
最近は4コマのアニメ化が多いですね。
というかまんがタイムきららのシリーズが
最近は好調なのではないかという気がします。
けいおん!もそうでしたしね。

第1話の冒頭からいきなり主人公が一人ぼっちになってしまうという
ほんわかした絵柄ながら意外と難儀な状況に陥ってしまう展開。
どこか住み込みで働けるところを探し新聞屋で働き始め
そこで同じように働く人たちと共に成長するストーリーなので
あると勝手に予想。でも大まかにはあっているはず!

4コマということで明確なストーリーがなく
ゆるゆるとした感じなのかなと思いきや
ストーリーが割としっかり作られていたのが意外でした。
いや、別に4コマにストーリーなんてまったくないじゃねぇか!
と言いたいわけではないんですよ!

新聞屋で働く人たちがメインの登場人物となるわけなんですが
それぞれが色々な夢を持っているので
今後各々のストーリーが描かれていくのではないかと予想。
ほんわかしていながらも描くところはしっかりと描かれていく作品になりそうです。

こちらもキャストが実力派揃いなのでその面でも安心です。
主人公の中町かなは豊崎愛生さんが演じています。
けいおん!でも唯を演じていました。

今季は豊崎さんの出演作もわりと多いので
今年は豊崎さんが来ますよ!次の声優アワードでは
新人賞あたりいくのではないでしょうか。



◆GA 芸術科アートデザインクラス

こちらも原作は4コマ及び
まんがタイムきららCaratで連載されている作品です。
まんがタイムきらら来てるね!

タイトル通り高校の芸術科が舞台です。
アートやデザインに関する専門知識や用語が
出てくるので見ているだけで詳しくなれるかと思いきや
そもそも最初にちょっと知識がよく理解できないので難しいのであった!
しかしそれは抜きにしても楽しめる作品です。

さきほどのかなめもが原作が4コマということをあまり感じさせない
作品に対してこちらは4コマを意識した作品であると感じました。

一定のテンポでどんどんとオチのような感じのものが
挟まれていくので4コマを次々と読んでいるような感じです。
こういった見せ方はおもしろいですね。
絵柄的にほんわかした感じなのかなと思いきや
結構テンポがぽんぽんと進んでいくので気を抜くと置いていかれます。

なんとなく絵柄や表現方法が独特な気がしたのは
アート的な部分を意識しているのでしょうか?
他の作品にはない雰囲気を感じました。

ちなみにこちらもキャストが豪華ですよ!
キャストには触れられずにはいられない男。
主人公の如月が最初声だけ聞いたら能登麻美子さんかと
思ったんですが戸松遥さんということを知り驚きました。
ああいった癒し系な声も出せるとは!
元気のあるキャラを演じられていることが多かったので
戸松さんの新しい面を見た気がしました。
あと沢城みゆきさんの魅力はやっぱりぶれないな~。
今季の中でも注目したい1作です。



























ほっちゃんの面からみる夏アニメ感想




◆うみねこのなく頃に

右代宮真里亞役で出ております!これがょぅι゛ょってやつですか!

1作目を途中まで読んだと先ほども書きましたが
その時点でなかなかに特徴的といいますか
ょぅι゛ょながらにミステリアスな部分も持っているので
その辺りをほっちゃんがどう演じるのか楽しみです。
今季はほっちゃんボイスの真里亞の「うー!うー!」が流行るわけですね!



◆かなめも

西田はるか役で出ています!

さきほどの真里亞とは打って変わって
お姉さん的キャラ、巨乳、メガネ、しまいに飲んだくれという
まさかの正反対キャラ。しかしそうやってキャラを演じ分けられるのも
ほっちゃんだからこそ!
ちなみにょぅι゛ょ好きなキャラのようです。
1話から割とギリギリなところまでょぅι゛ょに手を出していました。
危ない!児童なんとかポルノ法にひっかかってしまうのでは!
しかしそれもほっちゃんだから許されるのだ。


そしてなんといってもEDテーマがほっちゃん作詞作曲の「Yahho!!」ですよ!
曲もさることながらEDアニメーションも曲調に合っていていい!
みんなもEDは飛ばさずに毎回見よう!



◆GA 芸術科アートデザインクラス

まだまだほっちゃんは出ます!こちらでは野崎奈三子役です。

この作品では登場人物の中で一番しっかりとしていてツッコミ役というキャラです。
うみねこともかなめもともまた違うキャラ!
しかしそうやってキャラを演じ分けられるのもほっちゃ(ry

当然ながら奈三子が一番のお気に入りキャラかと思いきや
いまのところGAで一番好きなキャラは大道雅です。
奈三子じゃないのかよ!

だがあの性格、髪型、目、声といい
まさか次々と自分のツボに入ってくるとはね…
名塚佳織ボイスにやられてしまったぜ…
あとリトバスの美魚といい今回の雅といいこういった性格にも
どうやら弱いのかもしれない…







というわけで現在見たところまで感想を書きました。
感想なのか解説なんだかよくわかりませんが!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/07 片桐賢太郎]
[07/06 片桐賢太郎]
[02/25 NONAME]
[01/01 NONAME]
[12/03 みくちゃん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
鮫亀
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
ブログの評価 ブログレーダー
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © できることなら暴れたい All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]